膝の痛みはストレッチで

膝痛改善有名サイトのご紹介

膝の痛みに効果があるストレッチ

膝の痛みを改善するために、軽いストレッチを考える人も多いと思います。膝の痛みの原因はさまざまあるため、その原因によっては、運動などが禁止されることもあるでしょう。

 

でも、膝の関節痛の場合、運動不足や加齢などに伴って、関節周辺の筋力が衰えたことが原因になることも多いです。そのような膝の痛みの場合には、ストレッチである程度筋力を回復すれば、グッと改善する見込みがあります。

 

痛みだけでなく、熱や腫れがある場合のストレッチは良くありません。しかし、そうでない場合には、まず軽い運動から始めるとよいでしょう。では、膝の痛みにはどんなストレッチが効くでしょう。

 

まずは、椅子に深く座って、片足ずつ足を膝に無理のない程度まで上げ、5〜10秒止めて、もとに戻すのをゆっくり各5回くらい行います。一度にたくさんやればいいというものでもありません。それに、無理をすると逆効果になってしまいます。毎日少しずつ続けるという事が重要です。

 

他には、立った状態で片足ずつ交互に上げて、片足で数秒間立つ訓練もよいでしょう。これも出来れば、左右を5〜10秒間、毎日5セットくらい続けるといいですね。

 

また、それと同時に、指で膝のお皿の周りをマッサージするのも効果があります。マッサージは出来るだけ血行が良い状態で行った方が効果が高まりますから、浴槽の中や入浴後に行うとよいでしょう。きつく押せば良いというものではありませんから、あくまでもマッサージの感覚で行うようにしてください。

 

こんな簡単なストレッチでも膝の痛みを軽減することはできます。でも、完治を目指すなら右⇒に紹介している方法をお試しになってみてください。信じられないくらいの改善が見込めますよ。

なぜ膝が痛くなるのか?

膝は体の中でも、何かと痛みを感じることの多い部分ではないでしょうか?

 

膝の痛みの原因のほとんどは、変形性膝関節症だと言われています。ただ、変形性膝関節症になってしまう原因は様々なので、少しご紹介していきたいと思います。

 

中高年になると、まず、軟骨が磨り減っている場合、膝に痛みを感じます。生活していく上で、毎日立ったり座ったり歩いたり、当たり前のように行っている動作ですが、これらの動作で膝に負担がかかり、年々軟骨が磨り減っているのです。

 

あとは、体重の増加などでも、軟骨が磨り減ってしまいます。それに、年齢と共に膝の筋力も低下しており、この筋力の低下も膝の痛みの原因の一つです。中高年の場合、若い時から比較すると、筋力が50〜60%にまで低下してしまうと考えられています。

 

筋力が低下したことで、自分の体重を支えることが出来なくなり、膝に負担がかかってしまうのです。筋力を低下させないためにも、適度に運動する必要があります。ただし、登山やハイキングなどは、逆に軟骨を磨り減らしてしまうことになりかねないので、運動のしすぎにも注意してください。

 

さらに、血行不良も膝の痛みの原因になります。年齢を重ねると、動脈硬化などでお悩みの方も多くいらっしゃると思いますが、膝の軟骨を修復するための栄養素は血液と共に運ばれてきます。

 

しかし、血行不良ですと、栄養素がスムーズに流れて来ないので、修復されるのに時間がかかってしまい、痛みを伴うのです。

睡眠不足やストレスとの関係って?

睡眠不足やストレスと膝の痛みに関係はあるのでしょうか?ストレスや睡眠不足は、様々な疾患を引き起こします。これは皆さん、よくご存知のことだと思います。

 

でも、さすがにストレスと膝の痛みは関係ないのでは?と思われがちです。確かに、一見、あまり関係なさそうですよね。

 

しかし、実は、ストレスが関節炎の原因になることもあるのです。そのメカニズムはというと、ストレスがかかることにより、筋肉が緊張状態になってしまうことにあります。

 

場合によっては、足や関節に過度な負担をかけてしまいます。その結果、関節炎を起こしてしまったりするのです。そのために、膝の痛みが起こることがあります。

 

また、ストレスや睡眠不足により、免疫機能も低下すると、さらに関節炎を悪化させてしまうこともあるそうです。逆に、関節炎になったことにより、ストレスを感じてしまったり、痛みのため、睡眠不足になることだってあります。こうなると、無限ループになってしまいます。

 

このように、睡眠不足とストレスは膝の痛みと十分な関係性があると言えます。予防としては、ストレスをあまり溜め込まないように、日頃からストレス解消をする方法を見つけるようにしなければなりません。そして、睡眠不足にならないように、規則正しい生活を送ることが大切です。

 

免疫力を十分に高めるために、冷え対策も万全にしておいた方が良いでしょう。冷えは血流を悪くしてしまいます。くれぐれも、体を冷やさないように気を付けましょう。